仕事をしていたり、人と手をつなぐときに手汗で恥ずかしい思いをする人もいると思います。

 

手掌多汗症はそんな時や常日頃から手が湿っている状態のことをいいます。原因は自律神経の乱れやストレスなどによって引き起こされます。

 

ひどい場合には手術で治療することができますが、手が汗をかかなくなっても胸や背中など別の場所から多量の汗が出てしまうということがよくあります。

 

そのため手術したことを後悔してしまう人もいるため、手術を行う場合にはデメリットも理解してから行うことが大切です。

 

後悔したくないという場合には、手汗制汗剤であるファリネを使用するのもオススメです。

 

ファリネは特殊なのイオン微粒子の働きによって手汗を抑制することができ、肌に満遍なく広がることでニオイの元までしっかり吸着させる効果があります。

 

天然素材の麻セルロースを配合しているため手のひらの水分量をしっかりコントロールし、気になる時にさっとひと叩きするだけで手をサラサラにすることができます。